AGAオンライン診療はおすすめ? 通院治療と比較したメリット・デメリット

新型コロナウィルスの感染の影響がいまだに深刻です。

緊急事態宣言も発令された都市も多く外出自粛が求められていますよね。

でもAGAの進行は待ってくれません。

その影響もありAGAの遠隔オンライン診療が最近とくに気になってきています。

わたしも通院中でザガーロを近日中に処方してもらいに通院する予定なのですが・・

コロナの影響で本当はなるべくなら出かけたくありません。

また医療費控除の申請もしようと思っていてオンライン診療の場合は通院治療と何が違うのかも気になっています。

あらためて調べてみるとオンライン診療には多くのメリットがありそうなんです。

1.AGAオンライン診療のメリット

わたしは現在ザガーロでのAGA治療を実際に通院を継続して行っています。

それと比べたオンライン診療のメリットを考えてみたいと思います。

1-1.予約がかんたん

予約のみオンライン可能なところもあるとはいえ、まだ多くの通院診療は電話予約のみのところも多いと思います。

わたしの通院先も予約は電話のみです。

しかし電話がつながらないこともしばしばあります。

仕事中などは電話が出来ないのでまた電話する時間をあらためて確保しないといけません。

でも遅い時間になると受付終了していたり日曜は休みだったり。

さらに電話がつながっても「その時間はすでに予約が埋まっています」なんてことも・・

しかし、オンライン診療は24時間予約受付可能が基本です。

予約し直しがないのは日中忙しい場合などストレスが少なく大きなメリットですよね。

そしてスマートフォンで予約できるのは本当にラクチンです。

電話をしての予約は意外と「忙しそうな時間は避けよう」とか考えてしまったりしますよね。

気軽に予約できてすぐに希望日時に予約が取れたかわかるのは便利です。

1-2.移動時間や待ち時間が少ない

通院治療は当然毎回通院するので時間はかかります。

電車賃やバス代、自家用車でもガソリン代もかかります。

さらに、わたしの通院しているところは予約してもその時間から診察が始まらないことも多いです。

これが意外とストレスになります。

しかしオンライン診療は自宅にいながらの診療ですから通院時間ゼロや待ち時間もなしとうたうクリニックが多いです。

他の予定も組みやすくなりますね。

1-3.自宅・自室から診療可能

ここは最高のメリットですね。

自宅から診療ならば出かけなくて良いので最低限の身だしなみで済みます。

不精なわたしにはすごくうれしいですね(笑)。

手持ちのスマートフォンでも対面診療可能なところも多いのは便利です。

そうでなくても写真をメールで送る方法でもOKなところもあります。

 

さらにどんなに遠方に住んでいても自宅から診てもらえるのも大きいですね。

通院時間も交通費も大幅に少なく済みます。

そして、プライバシーが守られます。

通院して他のかたに会ったりして恥ずかしい思いをしたことも昔はありました。

皮膚科通院でしたのでAGA以外の患者さんと待合になるのです。

オンライン診療は一切その心配がありませんから安心して相談が可能です!

恥ずかしい思いをしないで済みます。

1-4.処方箋や薬の配送

わたしの通院の場合も薬が取り寄せになりのちほど送りますということはありました。

いつごろ届くか分からず不安になることもあり予告なく薬が届きました。

オンライン診療後も処方箋や薬が宅急便などで届きます。

しかしオンライン診療の場合は配送が基本ですから速やかに手元に届くと思います。

仕組みが出来ているでしょうから発送連絡や荷物追跡もあるでしょう。

ストレスは少ないと思います。

2.AGAオンライン診療の医療費控除

もう一つ気になることがあります。

オンラインの診療でも医療費控除が可能かどうかということです。

結果から言います。

オンライン診療でもそれが予防のためや美容目的でない治療行為であれば医療費として扱われます

つまりオンライン診療でも通院診療でも「医師による治療行為」であることが大前提です。

治療行為が医療費控除対象になるという点は下記記事にてくわしく触れています。

オンライン診療で必要な費用は以下のようなものです。

  • オンライン診療料
  • 処方された医薬品購入費用 
  • 処方された医薬品配送料※注意

オンライン診療費やそこで処方されるプロペシアやザガーロ等の薬は当然医療費控除対象と思います。

オンライン診療のシステム利用料がある場合も控除対象でしょう。

以下の医療費控除の条件に当たるからです。

  • 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価
  • 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価

参考:国税庁 No.1122 医療費控除の対象となる医療費

 

注意点は薬の配送料金です。

配送料金は上記条件の「医薬品の購入の対価ではない」と判断されると思います。

薬を実際に取りに行けば交通費は認められるかもしれません。

でもそれではオンライン治療の意味がありませんからね。

また、リアップなどの発毛剤・育毛剤の医療費控除は可能かについての記事もぜひご覧下さい。

3.AGAヘアクリニックはおすすめ?

オンライン診療対応のクリニックは多くなってきています。

その多くが専門のクリニックであることが多いです。

専門のクリニックは発毛効果とプライバシー配慮を重視している感が特徴と思います。

先程も書きましたがわたしは皮膚科で一般の患者さんとおなじ待合室にいると苦痛でした。

完全予約制で通院の場合も完全個室、オンライン診療にも対応しているのはうれしいです。

効果についても皮膚科等の薬を処方のみだけでなく独自の発毛提案を持つところが強みです。

さらになかには、よりリーズナブルなオンライン診療コースのクリニックもあります。

そうしたことも事前に確認できる無料カウンセリング対応がとくにおすすめと思います。

AGAは継続して治療することになりますからカウンセリングで雰囲気を感じて始めるかどうか決められるからです。

そして料金制度・返金制度やいろいろな治療方法について良く相談しましょう。

4.まとめ

新型コロナウィルスの影響などでなかなか外出が難しい時期ですがオンライン診療のメリットは多いことが分かりました。

オンラインでも通院治療とほぼ一緒ですしさらにプライバシーについて考えられていました。

さらに薬の配送料金以外は医師による治療行為であれば医療費控除対象となる可能性が高いことも分かりました。

デメリットは殆ど無いでしょう。

また、非常に便利なオンライン診療ですが注意点はあります。

はじめの一回などは実際に足を運ぶ必要があるかもしれないことです。

血液検査などは治療開始にあたり重要ですからそうした為だと思います。

逆に一度直接医師に会うことで見極めが出来るメリットでもあるのではないでしょうか。

カウンセリングはオンラインも可能なところにその際質問しましょう。

AGAは進行性です。

なにも対策をせず放置しておくのが一番危険です。

わたしもはじめは通院するのが怖かったのを覚えています。

恥ずかしい気持ちのほうが強かったかもしれません。

でも、オンライン診療ならばその障壁は低いと思うんです。

これを利用しない手はないです。

無料カウンセリングを利用してぜひチャレンジをおすすめします。

いくつかおすすめクリニックについて書いた記事がありますので下記からぜひご覧下さい。

発毛に向けいっしょに頑張りましょう!

この記事がすこしでもお役に立てばうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします