リアップのジェネリック育毛剤・発毛剤 比較とおすすめランキング【使用体験中】

「発毛に効果がある治療方法はなに?」

思い浮かぶのものはなんでしょうか?

現在、日本皮膚科学会で発毛効果が認められ推奨されている薄毛治療法がふたつあります。

ひとつめはAGAクリニックなどで処方されるプロペシアやザガーロなどの内服薬。

ふたつめはミノキシジル成分を含む塗り薬タイプの発毛剤です。

CMなどで有名な大正製薬のリアップはこちらですよね。

長年使われているかたも多いはず。

しかし最近になりうれしいことに低価格のミノキシジルジェネリック薬品が登場しています。

リアップX5の特許が切れたためです。

今回は比較的入手しやすいミノキシジル発毛剤(塗り薬)のほうについて調べ実際に使ってみることにしました。

実際の使用感やどんな商品を選べばよいかなどお話していきますのでぜひご覧下さい。

1.ミノキシジルのジェネリック発毛剤とは

世の中には多くの育毛剤があります。

そんななかでも「発毛剤」を名乗ることができるのはミノキシジルを含んだ外用薬だけです。

厚労省が認可している商品のみなのです。

発毛剤と育毛剤の違いはここにあります。

 

そのミノキシジル発毛剤ですがかつては大正製薬のリアップのみでした。

1999年中旬から発売されていますので20年ほどになるのですね。

数年前までは他社のミノキシジルジェネリック発毛剤はありませんでした。

大正製薬が特許を持っていたためです。

その特許が期限切れとなったためアンファーのメディカルミノキ5などから現在は多数のミノキシジルジェネリック外用薬が販売できるようになりました。

それらのジェネリック発毛剤ももちろん厚労省に認可を受けて販売開始されたものです。

2.ミノキシジルジェネリック発毛剤の比較

現在わたしが確認したかぎりですがミノキシジルジェネリック発毛剤は20種類弱発売されていました。

いろいろなメーカーが参入して発売されています。

なかには同じメーカーが複数の商品を発売しているものも・・

ジェネリック薬品とは先発薬とすべて同じとは限りません。

添加物や保存料が違うこともあります。

 

それでは先発薬であるリアップふくめ商品ごとに何か違いがあるのでしょうか?

今回見た商品での違いは先発薬のリアップシリーズにはミノキシジル以外の薬効成分が含まれていることです。

それらは医薬品ではない育毛剤によく含まれる成分です。

血行促進や抗酸化作用、皮脂の過剰分泌を抑えることをねらったものです。

パントテニールエチルエーテルやトコフェロール酢酸エステル、トコフェロール酢酸エステルといった成分です。

育毛剤の成分については過去に書いた記事がありますのでぜひどうぞ。

日本国内では有効成分のミノキシジル含有量が最大5%と決められています。

ちなみに女性用のリアップリジェンヌは1%です。

女性用のミノキシジル発毛剤については別記事に特集していますので下記からどうぞ。

現在メインで販売されているリアップX5と今回見たミノキシジルジェネリック外用薬は5%でした。

内容量も60mlのものがほとんどです。

60mlは朝晩使用することが原則でひと月でほぼ使い終わる分量です。

つまり先発薬リアップとほぼ同じなのです。

今後発売される新たなミノキシジルジェネリック外用薬にも有効成分以外に違う成分や保存料が含まれる可能性はあります。

しかし前述したように発毛剤とは厚労省の認可を受けないと名乗れません。

つまり一般的に販売されている発毛剤商品は認可されていることになります。

3.おすすめミノキシジルジェネリック発毛剤ランキング

これまではリアップ一辺倒だったわたしも少し前からミノキシジルジェネリック発毛剤を使い始めました。

たくさん発売されているミノキシジルジェネリック発毛剤からどう選んだか?

それは非常にシンプルで「価格」でした。

理由は比較してみると有効成分などはほぼ同じで内容量も同じ。

継続して使用するものですからやはり価格差は累積すると大きいです。

 

現時点での条件ですが自分で購入するつもりでランキング付けしてみました。

詳細は画像もしくは下の青文字のクリックからご覧いただけます。

また、お住まいの地域により送料には注意して下さい。

それでも安いと思います。

それでは行ってみましょう!

👑第1位 ミノカミング


【第1類医薬品】『ミノカミング 60ml』【発毛剤・育毛剤】【ミノグロウよりも安い!】【国内最大量ミノキシジル5%】【薬剤師対応】

株式会社シーディが発売、大興製薬(株)が製造販売元となります。

送料は別途ですが本体価格のみで¥3,200税別ほどですからリアップの半値以下ではないでしょうか?

わたしも多くのジェネリックのなかからこれを選び使っています。

低価格でまずはお試しにちょうど良いと思ったためです。

実際に使ってみての感想ですが使用感はリアップとそれほど変わりません。

強いてひとつ難点をあげると計量したときの薬品が見えにくいことだと思います。

しかし安さのためにはそれくらいOKと考えています。

上記のショップはキャンペーンも良く行っているためおすすめです。

楽天市場での販売はこちら

第2位 ミノグロウ


【第1類医薬品】 【岩城製薬】 ミノグロウ 60mL

販売は岩城製薬(株)、製造販売元は大興製薬(株)です。

ミノカミングと同じ製造販売元ですね。

こちらも価格はミノカミングとほぼ同価格帯です。

定価がミノカミングより安いです。

割引率でミノカミングを上位にしましたがこちらもなかなかですね。

お試しはアリです。

yahooショッピングでの販売はこちら

第3位 ミノケア


【第1類医薬品】ミノケア 60mL

販売は日新薬品工業㈱です。

こちらも上記と価格はほぼ変わりません。

店舗ごとに価格差が少しあるのと定価が分からなかったので4位にしました。

製造販売元は富山の製造会社、㈱廣昌堂でここではこれだけです。

yahooショッピングでの販売はこちら

第4位 リザレックコーワ

販売は興和(株)で製造販売元はリョートーファイン(株)です。

若干価格が上がりますが興和(株)は知名度が高い気がしました。

良い意味でジェネリックらしくないデザインも良いですよね。

こちらは紹介した格安商品のなかで唯一アマゾンの取扱がありました。

価格変動はあると思うので安いときはチャンス!

番外編 ミノアップ

<
【第1類医薬品】ミノアップ 60ml

発売は東和薬品(株)で製造販売元はリョートーファイン(株)です。

製造元はメディカルアップやリザレックコーワと同じなんです。

どうして番外編を追加したかと言うと自分で実際に追加して使ってみたから。

使用感はリアップやミノカミングとほぼ同じです。

ただ何故か分かりませんが価格がまちまちで。

楽天はなぜかすこし高くyahooショッピングは2個セットなどが安い…

地味な印象はありますが価格が安い際に選ぶのはアリと思います。

わたしは2個セットを買いました。

yahooショッピング 2個セットはこちらです

自分で使った実物の写真も貼っておきますね(笑)

不鮮明でごめんなさい…

4.まとめ

以上の商品を独断と偏見でランキングしました(笑)

自分が購入するつもりで現時点での最安値もしくはそれに近いものをピックアップしてあります。

ただし表記価格は随時変動し、送料はお住まいの地域により違いがあります。

ご購入の際はそのあたりのご確認ください。

わたしは低価格の時期を見逃さずストックしています。

これからも順位変動など情報の更新を行っていく予定でおります。

 

購入の際これらはすべて第1類医薬品になりますので通販でも薬剤師の問診があります

効果が出るまでは最低半年ほどの使用継続が必要です。

万が一副作用等が出た場合は購入先の薬剤師やメーカー等にご相談下さい。

ミノキシジル自体は薄毛に有効な成分です。

内服薬フィナステリドなどの治療と合わせることで効果がより上がるとされているのも事実です。

わたしのザガーロとミノキシジル発毛剤併用の体験記事もありますのでぜひご覧下さい。

わたしもしばらくミノキシジルのジェネリック発毛剤を使用していこうと思っています。

今後使用しての途中経過や新製品もご報告できたらと思います。

もうひとつ大切なことが。

これら発毛剤は清潔な毛穴の状態でなければ浸透していきません。

それがシャンプーの役割。

健やかな髪を作るには女性にも男性にも大切なことです。

それでも解決が難しい場合は通院治療も視野に入れるべきと思います。

ミノキシジルだけでは薄毛の進行を食い止められないこともあります。

昔と違い薄毛治療は一般的になりました。

ただし、クリニックは千差万別です。

治療の効果はもちろんですが安心感を持てるところが絶対いいです。

そんな場所のご紹介記事もよく読んでいただいています⇓

この記事がすこしでもなにかのお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします