デュタステリド ザガーロ再服用 経過2ヶ月目 ジェネリック切替はどうする?【体験談】

薄毛治療としてデュタステリド薬ザガーロ服用を1日おきや2日おきの隔日服用を行い大失敗しました(T_T)

その反省から毎日服用するようになり2ヶ月ほどが経ちました。

薬に関することやそれ以外の生活習慣などの変更を1ヶ月目に記事にしていますが今回はその続編となります。

備忘録の意味も含め今回ははたしてどんな効果や変化があったかなど途中経過をお話したいと思います。

1.初期脱毛?について

隔日服用時に一番気になったのは「脱毛」でした。

そこで2ヶ月ほど前から毎日服用するように改めました。

服用1ヶ月目で太い毛の抜ける本数は少なくはなかったもののAGA目安となる100本以上抜けるようなことはなくなりました。

2ヶ月目の現在、現状はそれほど変わっていません。

脱毛の本数が増えることもなく減ることもない感じです。

特に初期脱毛のような抜け方もなさそうですね。

 

それよりも気にしているのは細い毛が大量に抜けたかです。

シャンプー時に注意して見るようにしています。

正常なヘアサイクルであれば成長過程の細い毛が極端に抜けることはありません。

AGAであればそれが抜けていきます。

シャワーで流れてしまい見落としは多少あるとは思いますが現状目立って抜けてはいないようでひと安心しています。

細い抜け毛が少なければそれが半年ほどかけて育って行くことを期待しています。

2.シャンプーの変更

再服用と同じ時期に男性用育毛シャンプーからそれより頭皮に優しいと思われるものに変更しています。

2ヶ月ほどになりますが悪い効果は出ていないようです。

以前より洗浄力は弱めのはずですが悪い効果が出ていないということは・・

やはり洗い過ぎでの頭皮の皮脂の落とし過ぎは逆効果ということだと思います。

 

強い洗浄力で落とすとそのときは皮脂が落ちてもその後過剰に分泌されるといいます。

適度の皮脂はあったほうが良いと感じています。

通常でもシャンプー後の半日くらいから皮脂は分泌され毛髪や頭皮を覆い守ります。

だからといってシャンプーをしなかったり雑な洗い方はよくありません。

就寝前には汚れは適度に落とさないと頭皮や毛穴に雑菌は発生します。

40度程のシャワーで2分以上予備洗いをしてから優しい成分のシャンプーをすることを続けようと思います。

3.トリートメントについて

前回1ヶ月目の時点でそれまでほぼ使わなかったトリートメント剤を2日に1度少量行うようにしました。

現在は行わないわけではありませんがその頻度を減らしています。

悪影響が出たからではありませんがシャンプーの洗浄力を弱めにしたので分泌される皮脂で守られるだろうと考えたからです。

思いついたときに軽く行うのみとしています。

ただし髪の毛がバサバサだなと感じたりドライヤーを強く当てたなどのあとには忘れずに行おうと思います。

4.甘いものを控えた

習慣となっていた夕食後の甘いものをほぼ(笑)やめました。

かわりにクルミなどナッツ類を食べて2ヶ月経ちました。

まだ2ヶ月ですからすぐに発毛したなどは当然有りませんが・・

食後に甘いものを欲しなくなりました。

 

糖質は頭皮の皮脂の過剰分泌に影響する可能性があります。

長い目で見たときに発毛や身体に悪影響を与えることもあります。

以前書いた記事もぜひご覧下さい。

習慣となっていたことを改善できたのは大きいと思っています。

今後も続けて効果を見ていきたいと思います。

5.ザガーロの服用時間について

前回からザガーロの服用時間を夜から朝に変えていました。

ザガーロは薬の体内滞留時間が長めのため同じタイミングで服用すれば時間はどこでも良いとなっていました。

飲酒による肝臓への影響を考慮し夜から朝へ変えていたのですが・・夜に戻しました。

原因は朝だと服用を忘れるためです。

毎日同じ時間になるべく服用することが大切ですから夜の就寝前としています。

飲酒からすこしでも時間を離したいというのも心がけています。

以前の記事もぜひご覧ください。

2ヶ月目の現状、悪い効果は出ていません。

かつて毎日服用をやめたときには抜け毛が非常に増えましたがそれもありません。

引き続き同じ時間での服用を心がけたいと思っています。

6.頭皮の状態について気づいた点

薄毛治療を薬で始めたときの薬はフィナステリドを有効成分とするプロペシアでした。

当時毎日飲み続けて効果を感じた現象のひとつにシャンプー時に毛髪の根本が黒くまとまって見えたのです。

おそらくひとつの毛穴から生える本数が増え太くなってきたのだと思います。

今回ザガーロ再服用2ヶ月目になり、それが少し現れてきた気がしています。

プロペシアの発毛体験からは良い予感があります。

 

また、頭皮の色にも注目しています。

一番悪いときはやや茶色に見えるような頭皮の色でした。

皮脂分泌過剰で血行不良もあったと思います。

それがかなり改善されているような気がします。

本当は側頭部の地肌の色が理想なのですがそこまででなくとも炎症はありません。

皮脂の過剰分泌があれば頭皮にできものも出来たり赤くなったことがあります。

こちらも引き続き観察していきたいと思います。

7.デュタステリドジェネリック切り替えについて

現在はデュタステリドの先発薬であるザガーロの手持ちがあります。

次はザガーロのジェネリックに切り替えを考えていました。

しかし最近、別の薬ではありますが下記記事のようにジェネリックの事故も国内で起こり再考しているところです。

さらに以前、プロペシアからフィナステリドジェネリックに変更したところ効果に疑問を感じた経験もあったので悩んでいます。

合う合わないの個人差もあると思いますが現状はザガーロで安定してきているのは事実です。

8.まとめ

再服用1ヶ月時点でご報告した改善点ですが、2ヶ月目の現在もおおむね良好と感じています。

頭皮は極端に洗いすぎないこと、薬は決まった時間に服用する、甘いものの摂取回数を減らすことなど。

わたしには効果があるようですので無理なく取り入れられることは引き続き行っていきます。

抜け毛と頭皮の状態である程度、効果の判断ができると思っています。

あとはジェネリックの問題です。ザガーロで引き続き行うことも選択肢にあります。

また来月も進捗をご報告予定です。

AGA治療の効果測定の面からもやはり通院がおすすめです。

とくにはじめての治療のときは効果が分かりにくいこともあるためです。

クリニックならば的確なアドバイスをしてくれますし相談もできます。

お話したように同じ成分の薬でも合う人・合わない人の差が出てきますから。

今ではさまざまなAGA専門の病院もあり女性向けのFAGAの病院も下部でご紹介しています。

オンラインでの無料相談や通院せずに治療可能なところもありますからぜひご相談なさるのをおすすめします。

クリニックは千差万別です。

治療の効果はもちろんですが安心感を持てるところが絶対いいです

そんな場所やご紹介記事もよく読んでいただいています⇓

おなじ悩みを持つひとはたくさんいます。

在宅治療はチャンスです。ぜひ一歩を踏み出してみませんか?

育毛活動いっしょにがんばりましょう!ご覧いただきありがとうございました。 

よろしければフォローおねがいします