育毛剤や発毛剤が効かないと感じる理由は当然 ミノキシジルなどの効果はいつから現れる?

市販されている多くの医薬部外品の発毛剤・育毛剤の効果に「十分満足している」と答える人は非常に少ないと思います。

「多くの発毛剤・育毛剤が効くなら世の中多くの人が薄毛になっていないよ」なんて言葉も良く耳にしたことがあります。

わたし自信も若いころスプレータイプのものを使いましたが「全然効果が出ないな」と感じていました。

ですので当時は「そのとおりだな」と考えてもいました。

しかし本当に効かないのでしょうか?

いえ、使っていればなんらかの結果がでることは多いと思っています。

特にリアップ等のミノキシジルジェネリック含む発毛剤に関してそう思います。

ではなぜ効かないと思うのでしょうか?

発毛剤・育毛剤の効果についても併せて考えてみたいと思います。

女性も男性もぜひご覧ください。

1.市販の育毛剤の効果

ドラッグストアやコンビニで販売されている多くの育毛剤はパッケージに「薬用」と書かれたものが多いですよね。

しかしそれらの多くは「医薬部外品」で購入の際に処方箋は不要ですから手軽に購入ができます。

医薬部外品は副作用や日常生活への支障が少ないとされているからです。

薄毛への効果は予防に重きをおいているものが多いです。

多くの育毛剤はこちらにあたります。

一方でミノキシジルを含む塗り薬リアップは医薬品の発毛剤です。

医学的に発毛効果が認められた発毛剤で効果は大きいとされます。

専門機関のデータがあります。

公益社団法人 日本皮膚科学会から2017年に発表された「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると…

医薬部外品である市販育毛剤は有効成分により推奨度BからC(Aが最高、Dが最低評価)となっている成分が数点掲載されています。

ちなみに発毛剤ミノキシジルの塗り薬は推奨度Aの「行うよう強く勧める」とされています。

多くの医薬部外品の育毛剤は掲載されていませんでしたがD評価の「行うべきではない」ともされていません。

「効かない」と言っているわけではなかったということですね。

もしくは調査されなかったものも多くあるでしょう。

しかし医薬部外品の育毛剤の有効成分も多くのメーカーで検証して有効とされたものが多いはずですよね。

成分により目的とする効能は違いますが発毛・育毛にむけたものです。

つまり多くの市販育毛剤にも「効くはず」の成分が含まれているのです。

それなのになぜ「効かない」と感じるのでしょうか?

2.効かないと感じる理由

有効成分が入っているのになんで効かないと思うんだろう…

市販の育毛剤が「効かない」と感じる理由はいくつかあると思います。

育毛剤だけではなく、医薬品である発毛剤にも当てはまる理由があります。

使用期間が短い

育毛剤を買って使い始めたけどいつから生えるの?

発毛剤・育毛剤は即効性があるものではありません。

それは毛髪が抜けて新たな髪に生え変わるヘアサイクルに関係します。

新しい毛髪の成長が見えてくるのは最低でも4ヶ月から半年前後はかかるでしょう。

購入した育毛剤をひと月で使い切ったけれど効果がないからやめたという人も多いと思います。

だれでも長い目で見なければならないのです。

もちろん医薬品の発毛剤リアップでも同じような時間がかかります。

女性でも男性でも薄毛ではない人でも髪はすぐには生えません。

期待が大きすぎる場合

薄毛や頭皮の状態は十人十色です。

薄毛の進行程度も違うでしょう。

ある程度発毛剤・育毛剤を使用して現状が維持できているならば十分な効果かもしれません。

しかしボーボーに毛髪が生えることを期待した場合は物足りないでしょう。

わたし自身がかつてそうでした。

見違えるようには生えないので使用をやめ期間を空けて別の発毛剤でまたやめるの繰り返しでした。

期間を空けてしまい発毛剤の種類も変わるので不経済なだけだったと思います。

薄毛が進行していないことは意外にすごいことです。

現状維持や毛髪が太くなったかなどにもぜひ注目すべきと思います。

頭皮環境の問題

発毛剤・育毛剤を塗布する頭皮環境も非常に重要です。

就寝前などにシャンプーしたあとのキレイな毛穴から発毛剤が浸透するのがベストです。

市販発毛剤・育毛剤を販売する各メーカーもそれを想定して研究しているはずですよね。

しかし実験の際に試験管等の実験で確認した有効度と実際に我々が使う頭皮での有効度は違うはずです。

※画像はイメージです

いくらマウス実験や何人かの人でのモニター実験を行っても、頭皮環境や毛髪の状態は人それぞれ…

AGAやFAGAになれば頭皮には過剰皮脂があふれていることも多いです。

試験管で想定する頭皮の皮脂の状態を全ては再現できないでしょう。

考えてみれば非常にシンプルですよね。

これが「効かない」と感じる大きな理由のひとつと考えています。

わたしたちにできることは発毛剤・育毛剤を塗布するまえにきちんとシャンプーして乾かし、頭皮が清潔なうちに塗布することです。

また、シャンプー時に毛穴の洗浄を助けるスグレモノも。

よくTVCMで見かけるもので評価数もとても多い商品。

毎日使うものならばコスパも悪くないのではないでしょうか。

さらに食事や睡眠などの生活習慣も関わればすべての人に同じように効くはずはありません。

AGAやFAGAの原因がホルモンや遺伝にあるとしても毛髪自体は栄養素から作られます。

生活習慣も無視はできないのです。

3.まとめ

市販の育毛剤もまったく効かないことはないと思っています。

全てとはいいませんがメーカーの多くはプロフェッショナルが時間と資金をかけて研究開発をすすめているわけですから効かないものを堂々と発売するとは思えません。

少なくとも半年以上、現状維持や変化に注視しながら使用しましょう。

そして塗布はシャンプー後の清潔な状態の頭皮に素早く行いましょう。

頭皮の状態を健康に保つためには食事等の生活習慣も重要となるでしょう。

また、市販発毛剤・育毛剤も有効成分により狙いに違いがあります。

ご自身の状態に合わせ選択・使用しましょう。

もちろん可能であれば医薬品の発毛剤ミノキシジル塗布(リアップ等)の選択もありです。

塗布するタイプの発毛剤・育毛剤だけに頼らず内服薬治療との組み合わせもオススメします。

現状いちばんのおすすめはやはりミノキシジルをふくむ発毛剤が効果が現れやすいと思います。

現在進行系で使用していますが毛母細胞の活性化も狙えると思います。

さらに安価なリアップジェネリックのランキング記事も書いていますのでご覧下さい。

おなじ薄毛の悩みを持つひとはたくさんいます。

この記事が少しでもなにかのヒントになればうれしいです。

ご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします