ヒゲが濃いと薄毛に?髭、胸毛など体毛の濃さとの関係や大切な対策とは

薄毛のわたしのおおきな悩みのひとつは「ヒゲが濃い」ことなんです。

「agaや薄毛の人はヒゲやすね毛、胸毛とかの体毛が濃いよね」って言われたり聞いたりもします。

たしかにその傾向はある気がしますがAGAとの関係はあるのでしょうか?

さらに、逆にヒゲが濃い特徴を何かに利用できないでしょうか?

そんなことを考えました。

ただし、それには大切な注意点もあったのです。

薄毛とヒゲの関係性や濃いヒゲを薄くするのか活かすのかなど。

自身のAGA治療体験もあわせて考えてみたいと思います。

1.AGAとヒゲとの関係

男性型脱毛症(AGA)の薄毛とヒゲなど体毛との関係はあるのでしょうか?

共通点は両方とも男性ホルモンが関わることです。

じゃあやっぱりヒゲが濃いと薄毛に…

いえ、AGAの進行とヒゲの成長をうながす仕組みが違うのです。

ここからちょっとややこしくなります…

まず男性ホルモンのテストステロンについて。

テストステロンは本来男らしく若々しい身体を作り出すホルモンです。

しかしAGAによる脱毛はテストステロンが変化したジヒドロテストステロンにより引き起こされます。

ジヒドロテストステロンと結びつく受容体の多くが前頭部や頭頂部に集中しているためそこから薄くなって進行します。

AGAの人の毛髪でも側頭部や後頭部はふさふさしているのは、その受容体がほとんどそこにはないからと言われます。

いっぽうでテストステロンはヒゲや体毛を濃くする働きも持っています。

しかしAGAのようにそれらを薄くするような受容体はヒゲや体毛の生える部位にはほぼないのでしょう。

「毛乳頭」というものがあります。

毛細血管からの栄養分を取り込み隣接する毛球内部にある毛母細胞に送り毛髪を生み出し成長させる根幹の部分です。

AGAの毛髪とヒゲの毛乳頭細胞を取り出し男性ホルモンを加えて観察したところ、ヒゲの細胞は増殖しましたがAGA毛髪は増殖しなかった実験があるそうです。

つまり、「ヒゲや体毛が濃いと薄毛になる」説は違うことになります。

ホルモンの働きがまったく違います。

2.ヒゲが濃くて困った体験

ここからは濃いヒゲに対する対策を考えたいと思います。

AGAでヒゲが濃いかたの特徴には似た面もあると思いますので一例を見てみます。

AGA薄毛のわたしは若いときから非常にヒゲも濃かったです。

広範囲にヒゲが生えていて密度が濃くヒゲ自体も太く硬いくせヒゲでした。

毎朝シェーバーで剃っても夕方には触るとザラザラしています。

本来なら1日2回剃らないといけないような状態です。

T字のひげそりのほうがそれるんじゃないの?

T字かみそりでのシェービングは確かにそのときはキレイに剃れます。

しかし夕方には同じ状態でした。

素晴らしいスピードで伸びていました…

また、T字かみそりにはさらなる問題も有りました。

もともと皮膚が強くなく、くせヒゲでもありカミソリ負けがひどかったのです。

わたしは体質的に色白で皮膚も弱くさらにヒゲが青くみえる青ひげ状態にもなるダブルパンチ状態・・

というわけで似たようなかたにはおすすめが出来ません。

それに毎朝出勤前の濃いひげ剃りは時間もそれなりにかかります。

朝からT字型のかみそりでシェービングなんて時間的に厳しいです。

ちなみにヒゲを剃る時間はなるべく午前中の遅い時間が良いようです

その時間帯にヒゲが伸びるからだそうです。

それまでは夜に伸びるのかと思っていました。

でも仕事で午前中通勤する多くの人等はむずかしいですよね・・

剃るならばヒゲが濃い人はやはり電動シェーバーをおすすめします。

肌への負担が少なく深剃りできるもの。

毎日使うと考えればコストパフォーマンスも優れています。

洗浄もできますので清潔です。

いろいろなメーカー・機種を使いましたが濃いヒゲにはやはりこちらと思っています。

この旧機種シリーズ7を愛用しています。

3.デュタステリドのヒゲへの効果

働きは違っても男性ホルモンがヒゲの育成を促進するのは先程見たとおりです。

ではAGA治療薬の影響で薄くなったりはしないのでしょうか?

ちょうどザガーロやデュタステリドジェネリック薬でAGA治療をしていました。

もしかしたらAGA治療薬でヒゲや体毛も薄くなるのかな?と淡い期待をしていました。

結果それは一部は合っていて一部は違っていたのかもしれません。

スネなど体毛の一部は薄くなった気がしたので男性ホルモンが弱まったかなとも思ったのです…

しかしヒゲについては相変わらず濃く全く変化が見られませんでした。

デュタステリド内服薬は男性ホルモンが悪玉ホルモンに変化することを阻害するものです。

ヒゲを生やす男性ホルモン自体が薄まるわけではないのですね。

先程お話ししたようにAGA薄毛とヒゲへの働きかけ方が違いました。

いっぽう同時に使用していたミノキシジル発毛剤。

こちらは顔から下の毛を濃くする副作用がまれに認められるそうです。

それでヒゲの状態は変わらないままなのかもしれません。

以上の実体験から・・

AGA治療薬(フィナステリド・デュタステリド)がヒゲを薄くするような効果は感じませんでした。

しかし体毛が薄くなったのは気のせいだったのか関係ないのかは不明のままです…

4.坊主やメガネはヒゲに似合う?

ではどうすれば薄毛のひとは濃いヒゲの悩みを解決できるのでしょうか?

「ひげを生やし取り入れる」のもひとつの手段です。

坊主頭や薄毛スタイルとヒゲ、メガネは相性が良いスタイルとされています。

うまく取り入れられているかたもお見かけしますよね。

お休みの日なんかにはいいですね。

ただし注意点もあります。

きちんと手入れしないと清潔感が消えてしまい逆効果となります。

こまめなヒゲの手入れは必須です。

わたしのようなヒゲの濃いタイプのかたは手入れは楽ではないと思います。

わたしは色白でもあるため、さらに似合わない度が高いかも・・

 

薄毛の場合、特に清潔感が重要視されると思います。

薄毛では不潔に見えるのが一番のNGとの女性アンケートもあります。

もうひとつはヒゲスタイルが現在の学校や特に職場で許されるかどうかも重要です。

以前よりヒゲスタイルが市民権を得てきたとはいえ、まだまだNGのところも残念ながら多いのが現実でしょうか。

営業など人との折衝が多いような職種では注意が必要です。

※画像はイメージです

5.まとめ

AGAのかたのヒゲは濃い傾向がありそうですが薄毛との直接の関係は無さそうです。

体験からはAGAで有効な治療薬にヒゲを薄くしてくれる効果はありませんでした。

AGAもヒゲが濃いのもホルモンが主原因ならば遺伝・体質によるところも大きいと思います。

うまく取り入れるのも対策のひとつですが清潔感やTPOに注意しながら取り入れましょう。

生やして取り入れるのも剃るのも大切なのは「清潔感」です。

毎日のひげそりも肌を傷めないよう注意をして下さいね。

 

治すのが可能であれば手を打てるところは打っていきたいですよね。

昔と違い現在はAGAもヒゲに関する悩みもいろいろな治療方法等が増えています。

わずらわしさ解消のためのひとつは「ヒゲ脱毛」です。

ヒゲ脱毛こちらはクリニックなどでヒゲを完全に脱毛してしまおうというものですね。

現在通われているかたも多いようです。

メリットは

  • 毎朝のひげ剃り時間から開放される
  • 青ひげがなくなる
  • 夕方のまた生えてきた感からの解放感
  • すぐ出かけられる(ヒゲが濃いかたはわかりますよね)

などなど非常に大きなメリットと感じますね。 

ただしヒゲ脱毛するならきちんと相談のうえ行いたいと思いますよね。

いまでは金額面ふくめきちんと相談を受けてくれて納得した上で施術ができるところも多いようですね。

最近は脱毛に通う男性もとても多くなりました。

これで毎日のひげ剃りのわずらわしさから解放されたらうれしいですよね。

毎日髭を剃る時間やストレスなどを考えると結果的に良い選択かもしれません。

さらにヒゲを活かすヒゲスタイルの選択もOK。

安価な体験から選択はアリです。

メンズエステサロン エルセーヌMEN 【体験予約】

 

そして。

月々¥3,000からで安価な定額制もあるひげ含め全身医療脱毛のメンズリゼもおすすめ。

CMなどでも有名な大手ですよね。

変更の場合もありますが学割20%オフも実施しています。

メンズリゼは2021年1月時点で24院と全国展開していますから学校や会社帰りにも便利。

そして医師によるカウンセリングを必ず無料で行ってくれるのであんしん。

美容と治療は違うので医師のカウンセリングは大きいと思います。

キャンセル料や剃毛料は全て無料のメンズリゼの安心システムもポイントが高いです。

有効期限は5年も魅力ですから無料カウンセリングはありです。

メンズ脱毛ならメンズリゼクリニック

この記事が少しでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします