薄毛をカバーする帽子はおすすめ 夏も冬も男女似合うファッションを楽しもう

薄毛は治療などで治すのには時間がかかります。

AGA治療のデュタステリドやフィナステリド、ミノキシジルでも最低数ヶ月かかります。

でも、その間も外出しなくてはいけませんよね。

そんなときにお役立ちのアイテムが帽子です。

サッとかぶれますから早いです。

薄毛でなくても薄毛に悩んでいても本当にお手軽です。

気にはなっているんだけどなぁ…
ユニセックスタイプもみたいけど

なかなか普段かぶる習慣がないかたも多いと思います。

でも薄毛要素抜きにしても帽子はおもしろいアイテムです。

どんな種類の帽子があるのか、注意点やどうしたら似合うのかなど…

いまはユニセックスタイプのものも多いので男性も女性もぜひごらんください。

1.キャップ

つば付きの野球帽タイプですね。

男女、人を選ばずかぶりやすいことが長所のタイプの帽子です。

デザインもさまざまですし素材も秋冬向けのコットンや夏用のメッシュキャップもありますね。

多くのファッションに合わせやすいのではないでしょうか?

カジュアル系の服装に非常に相性がいいはず。

価格もお手頃のものも多いのでお試しにはまずキャップもおすすめです。

無地やワンポイントのものはオシャレですし万人におすすめです。

カラーもおおいです。

そして有名なニューエラの9TWENTYシリーズが下のものです。

クラウンが少し浅めでクラシカルで男女ともに大人気でおすすめ。

カラーバリエーションもたくさん!

ひとつあったらとても便利と思います。

2.ハット

かぶるとおしゃれな感じになるハット。

つばの長さや巻き方でイメージもかなり変わる印象です。

個人的にはつば長のものは難しかったです。

カジュアルだけでなくコートやジャケットスタイルなどきれいめなファッションにも似合うと思います。

夏用はメッシュ素材でカジュアルにも合うものも多いですね。

浅めにかぶるか深めにかぶるかで印象も変わります。

実際にかぶってみるのが一番ですがいまではネット通販も試着・返品できるものもあります。

冬用は温かい素材のものがおすすめです。

 

3.ニットキャップ

冬といえばニットキャップですよね。

今年は寒くなりそうですから。

素材は綿やアクリルなどさまざまで厚みもいろいろあります。

冬ならかぶっていても全く違和感ありません。

長さもいろいろです。

浅めにかぶったり深めにかぶったりで印象も変わります。

こちらはお手頃でオススメ

コチラも男子にオススメ。ネックウォーマー付きですね。

坊主頭のひとにも似合うと思います

そしてつば付きのニットキャップは人を選ばず超オススメです。

冬場はイチオシかもしれません。

4.ハンチング

アクセントになってくれる帽子ですね。

ハンチングという名前の通りもともとはイギリスで鳥撃ちの際にかぶった帽子のようです。

きれいめなファッションに合いそうですがカジュアルでもいけると思います。

つばが付いているので意外とかぶりやすいです。

わたしはコーデュロイのものを持っていますが素材もアクリルや高価なウールなどいろいろです。

ウール混入の質感のものはあたたかそうですね。

5.ワークキャップ

ワークキャップも人気ですね。

素材も綿やスウェット状のものなどいろいろ選べますね。

スウェットのものを使っていますが洗濯も気軽にできますし軽いです。

カラーリングやデザインも豊富でおすすめします。

こちらもつば付きのため非常にかぶりやすいですがつばの長さもいろいろあります。

ものによってはキャップよりもどんな服装にも合わせやすいかもしれません。

深めにも浅めにもかぶれますからいろいろお試しがいいと思います。

こちらはシンプルで人気のものです。

スウェットタイプです。

男女兼用で無地やカラータイプも選べてこちらもとてもオススメ!

6.注意点

ここに紹介しきれなかったタイプの帽子もたくさんあります。

購入時の注意ですが本来であれば試着して買うのが一番です。

イメージの部分だけでなく大きさも合う合わないかに注意です。

表記サイズのものを買ってみたけれど小さかったなんてこともあるかもしれません。

上記紹介したものは返品交換が可能なものも多いですが通販の場合はご購入時はその部分もよくご確認ください。

経験があるのですがサイズのきつい帽子はどんなにデザインが良くてもかぶっていられません。

一度だけですが購入時に返品が可能と確認していましたので無料で返品し購入し直させていただきました。

デザインは気に入っていたのですが仕方ありませんでした。

薄毛でも薄毛でなくても帽子のメリット・デメリットについてはこちらも↓

7.まとめ

紹介しきれなかったベレー帽やキャスケット、バケットハットなどまだまだ帽子はたくさんあります。

まずはじめに選ぶのならばつば有りの物をおすすめしたいと思います。

つば無しタイプよりも違和感が少ないはずです。

上に上げていますがキャップ系やワークキャップ、ニットもつば付きのものです。

帽子を選ぶ際ですがつばの長さや形はイメージに影響をかなり与えます。

浅くかぶるか深くかぶるかもいろいろお試し下さい。

そして夏場はメッシュやペーパー、麻、冬場は温かみのある素材で選ぶのがおすすめです。

必ず気にいるものが見つかるはずです。見つける楽しみも出てきます。

薄毛にもそうでなくても帽子はお役立ちアイテムと思います。

老若男女問わずですね。

わたしもはじめは「似合わないかな・・」とおそるおそるでした。

でも今はたくさん帽子を持っています。

髪がボーボーでも(ないない(笑))帽子はかぶり続けるでしょう。

帽子が楽しくなってしまったのです。

帽子は「かぶり続けて慣れること」が大切だと思います。

帽子も気持ちもかぶっているうちに絶対馴染んでくると思っています。

そうなると次に「この帽子にはこの服がいいかな」なんて考えるようになりました。

 

それと薄毛の帽子スタイルの変化球としてですが…

男性は特にメガネやヒゲをうまくとりいれるとさらに雰囲気が変わります。

ヒゲの方は不潔に見えないようにする必要はありますがメガネはまずはお部屋でお試し下さい。

安い度なしのダテメガネでもいいんです。

印象がガラリとかわるかもしれませんよ。

この記事が帽子選びなどに少しでもお役に立ったらうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします