増毛スプレーのデメリット 落ちない汚れや掃除について 服装や落とし方も【体験談】

増毛スプレーや増毛パウダーはそのメリットも多いですがデメリットもあります。

頭を悩ませるのがその「汚れ」です。

目に見えないところにも意外と汚れが付いているんです。

それなりに対処していかないと後で汚れが落ちない・取れないなんてことになりかねません。

今回はわたしの体験からではありますが汚れの落としかたや使用時の服装についてお話したいと思います。

1.増毛スプレーの汚れ

増毛スプレーも増毛パウダーも薄毛を隠すためのものですよね。

そのためシャンプーなどしない限りは簡単には毛髪から成分が落ちないように作られています。

しかし毛髪以外に付着した場合はかんたんには落ちないというデメリットにもなるのです。

とくに増毛スプレーの場合は噴射の勢いも強いため想像しているより周りに飛散していると思います。

そのため使用時の服装などにも気を気張る必要があると思います。

 

使用場所がまだ水を使って流せる場所ならば良いのですが部屋で使用したら掃除は楽ではありません。

浴室でも増毛スプレーをした日の夜にはシャンプーをするとシャワーの水は真っ黒になります。

浴室も掃除は必要です。

2.スプレー使用の推奨環境

ご自分の部屋や居間などで使用することはおすすめしません。

使用する分量にもよりますが部屋全体に飛散している可能性はあります。

壁や床、天井などあらゆるところに飛び家具や服、食器などあらゆるものに付着します。

試しに使用後に周りをティッシュで拭いてみると分かると思います。

 

ごく少量の使用であれば別ですが頭頂部や後頭部などはよく見えませんからスプレーの噴射口が少しでもズレれば飛びます。

わたしは洗面所を使用していましたが他の部屋や廊下に飛ぶのでドアは締め切りです。

床には使い捨てできるので新聞紙を敷いて洗面台や周りにも敷きます。

それでも壁やドアの内側には飛ぶので可能なところはビニールを貼ったりしていました。

 

使用後は朝で時間がそれほど取れないので掃除は帰宅後や週末に行っていました。

ホントに驚くほど真っ黒になります。

新聞紙やらビニールでカバー出来なかった汚れですが、水にシャンプー剤を入れたものを歯ブラシなどで軽くこすっていきます。

落ちてきたらティッシュなどで拭き取り固く絞った水拭き、また歯ブラシでシャンプー剤をの繰り返しでした・・

出来る限り頻繁にやらないと汚れはこびりつき落ちづらくなると思います。

 

浴室で行うこともしてみたのですが確かに洗い流すのには便利です。

しかし天井や換気口には汚れがつきますので定期的に掃除が必要です。

そしてシャンプー後の洗い流した黒い水も浴室の排水口などに残りますので掃除は必要です。

指の爪も真っ黒になります。

こちらも先程と同じくシャンプーを付けたブラシでこすり洗いしていました。

なかなか大変でした(T_T)

3.スプレー使用時の服装など

思ったより周りに飛び散るということはスプレーする自分自身の髪以外にもかかっています。

まず足元から。

わたしは下に新聞紙を敷いていましたがそれでも足の裏は真っ黒になります。

床を歩きますから当然ですね。

そのままですと汚れた足で汚れを家中に撒き散らします。

専用の靴下を履いていましたがビニール袋を巻いてもいいかもしれませんね。

ビニールの場合は使用後はすぐ拭き取るか捨てて下さい。

 

次に全身です。

商品の説明書きには「首元をおおって使用して下さい」と書かれていますが全身に飛ぶと考えて下さい。

首元はヘアカット用のケープを使用していましたがズボンや上着もポリエステル製のウィンドブレーカーを用意していました。

ビニール製のレインコートも良いのですが締め切った洗面所などは夏場などかなり暑くなります。

レインコートは暑かった印象がありやめてしまいました。

暑くなると頭皮からも汗が出てスプレーが定着せず部屋だけ汚れるなんて最悪のことにもなりかねません・・

増毛スプレーの大敵は汗です。

 

もし服に付いてしまったら大変です。

とくに洗えないタイプの服はスプレー時は避けたほうがいいと思います。

あとはワイシャツなども・・

万が一付いてしまった場合は部屋の掃除と同じようにシャンプー剤を薄めた液で軽く叩いてティッシュなどで拭き取りを繰り返して下さい。

落ちたらシャンプーのヌルヌルを取るため水拭きや手洗いして下さい。

注意点として服の繊維が荒れるため歯ブラシの場合はなるべくゴシゴシこすらないようにして下さい。

水洗い出来ない生地は早めにクリーニングです。

4.まとめ

落ちにくいということは毛髪にしっかり付着するメリットでもあるとは思いますが掃除は大変です。

毛髪以外の部分に付いた場合はこまめな掃除と事前準備が必要と思います。

見えないからいいかと放置してしまうと汚れが蓄積して体内に吸い込んでしまう可能性も出てきます。

 

以上のことからわたしは最近増毛パウダーのほうをメインにしてスプレーは調整役として使っています。

パウダーも汚れはありますが落ちやすいからです。

パウダーも固定のために透明ミストやヘアスプレーを吹くので飛散はしますがパウダー自体は強く付着しません。

ただし事後や定期的な掃除は必要です。

 

それでもやはり増毛スプレーも薄毛隠しとして水分に強く優秀な製品です。

少量ずつ使ったり増毛パウダーとの併用をおすすめしたいと思います。

 

増毛商品はみな同じではありません。

使用感もそうですが掃除に関わる落ちやすさも全然ちがうように感じました。

下記記事で触れましたがこのあたりが総合力でおすすめです。

 

これら含め実際に使用して感じた商品の特性やおすすめを下記に書いてみました。

増毛スプレーやパウダーはあくまで仮で薄毛を隠す商品です。

薄毛状態解消という根本解決までの手段と思っています。

誰だってなるべくなら使いたくありませんよね。

そのためにも薄毛治療を視野にいれるべきです。

昔と違い薄毛治療は一般的になりました。

ただし、クリニックは千差万別です。

治療の効果はもちろんですが安心感を持てるところが絶対いいです。

そんな場所のご紹介記事もよく読んでいただいています⇓

少しでもなにかのご参考となればと思っています。

男性も女性も薄毛・発毛の悩みはいっしょです。

無理なくできることからすこしづつ取り入れて結果につながるといいですよね。

この記事がすこしでもどなたかのお役に立てばうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします