副作用や危険性あるミノタブに上手にトライする方法

「ミノタブを飲むと効果がすごいらしいよね」

その噂はインターネット上やSNSでもよく見かけます。

ミノタブとはその名の通りミノキシジルの内服タブレット錠剤です。

薄毛治療中のわたしも噂の発毛効果はとても気になります。

しかし気になるのは良いことだけではないのです。

ミノタブはやめたほうがいいとも
副作用がすごいとも聞くよね

発毛力が高いのは事実のようで良くも悪くも「生えすぎ」の声も。

そのため特に薄毛の進行具合が中度以上のかたや今まで何をやっても進行してしまった人こそ注目すべきとものと思います。

しかし、どんなに効果が優れていても副作用がひどければ躊躇します。

真剣に使用を考えるからこそなんとなくではなくしっかりとした情報を知りたいと思います。

本当に使用はするべきか?やめるべきなのか?

使用の際は何に気をつけなければいけないのか?

薄毛体験者として治療を受ける側の目線で選びかたや注意点をまとめます。

きっと薄毛対策の希望となるはず。

ぜひ順番にご覧下さい。

1.ミノタブの効果

薄毛治療薬は一般的にはフィナステリドやデュタステリドを含む飲み薬が有効です。

プロペシアやザガーロという先発薬が有名ですが、今では安価なジェネリックも処方されています。

女性用としてはスピロノラクトンやパントガールが挙げられます。

スピロノラクトンも国内メーカーのジェネリック薬品が多く用いられています。

これらの薬はおもに抜け毛を抑える「守りの薬」とされます。

じゃあ攻めの薬はあるの??

それがミノキシジルを含む薬です。

血管を拡張し発毛を促すことをを目的とする「攻めの薬」。

頭皮へ直接塗る薬としてもミノキシジルの塗布薬、いわゆる「塗りミノ」が男女ともあります。

今ではお得なジェネリック薬も出ていますよね。

このミノキシジルの飲み薬版がミノキシジルタブレット、いわゆる「ミノタブ」です。

このミノタブなのですが、半年ほど服用するとそれなりの効果を実感する確率が塗るタイプの塗りミノより高いのです。

つまり単純な発毛効果については塗りミノよりもミノタブのほうがよいということになります。

頭皮からミノキシジルを吸収するよりも、服用して直接血液に乗せるほうが確率が高いのは想像ができますよね。

じゃあフィナステリドとか守りの薬で抜け毛を防いで、併せてミノタブでいいんだね!

いえ…すこし待って下さい。

ミノタブには大きな注意点があるのです。

2.ミノタブの副作用・注意点

ミノタブはもともと血圧を下げるための薬である降圧剤としてアメリカで開発されました。

薄毛専門の治療薬ではなかったのですが思わぬ作用として脱毛症に有効とされました。

ミノタブは厚労省が薄毛治療薬として認可を出していない未認可薬扱いになります。

薄毛治療薬としては後述する副作用が大きすぎると判断されているのでしょう。

あれ?AGAやFAGAクリニックでは発毛のためにミノタブを処方する所も多いよね?

未認可薬イコール使ってはいけない薬ではないのです。

自由診療薬ということで医師が十分に作用や副作用まで説明し患者が合意した場合には処方されます。

逆に考えると、それだけ効果が現れやすいから処方されるとも言える気がします。

ただし効果が現れやすい薬ということはその分副作用も大きくなります。

どんな副作用があるのでしょうか?

主な副作用
  • 全身の多毛症
  • 目の周りなどが腫れる
  • むくみや体重増加
  • 胸痛、心拍数増加、動悸、息切れ、呼吸困難、不整脈等の心血管系障害

などなど。

最後の項目が一番気になるところと思います。

使用には細心の注意が必要でしょう。

しかし、多くの服用者がいるなかで現在使用禁止になっていないのも事実です。

次項で詳しく触れますが入手のプロセスと服用の経過に注意を払うのが必須と思います。

どこからミノタブを買ったかと服用中の体調に注意ということだね

独断での使用選択は危険です。

副作用を考えると他の薬よりも特に自己判断での使用は避けるべきと考えています。

 

また、ミノタブの錠剤には2.5mg、5mg、10mgなどの濃度があります。

10mgは濃すぎて副作用の確率が高いとされます。

最大でも2.5mgで十分とも言われます。

自分にはどの濃度で良いのかの自己判断による選択も危険です。

決して多めに服用しないようにして下さい。

それ以外の注意点もあります。

アルコール、飲酒は血管が拡張し血圧を下げます。

イブプロフェンを含む頭痛薬や風邪薬にも血圧に作用しますのでNGです。

ミノタブとそうしたものの血流をよくする効果が重なりすぎて身体に悪影響が出ます。

意外に盲点と思いますのでご注意下さい。

 

もうひとつ大切なことも。

使用中も近くの心電図検査を行える循環器系の病院をきちんと調べておくことがとても大切です。

異常を感じた際にそのままにしないようにするためです。

定期的に検査できればベストです。

 

使用してはいけない方も当然います。

妊娠中の方や高血圧や低血圧などの方や心臓肝臓に病気をお持ちの方などは使用できません。

通院中の方は服用前に必ず医師に相談して下さい。

3.ミノタブの通販や個人輸入について

効果ありそうだから安く通販とか個人輸入で買おうかな?
amazonとかで買えないのかな

ミノタブはアマゾンや楽天通販などでは購入できません。

海外からの個人輸入はあることはあります。

しかしこれは非常に怖いことと思っています。

口に入る薬を海外のどこで作られて何が入っているか分からないものを飲み続ける自信はわたしにはありません。

常に一定の品質のものが届く保証もありませんし、購入サイト自体が偽物だったりのリスクもあります。

ミノタブではありませんがインターネットで入手したED治療薬の4割がコピー品だったという大手製薬会社4社による調査結果も…

粗悪な海外個人輸入のミノタブで重篤な副作用を引き起こしたり、そもそもの効果も出ない偽物のリスク…

ミノタブの入手方法も自分の身体を守るための選択が第一が良いはずです。

先程お話ししたミノタブの濃度についても自分に合った濃度は個人判断では分かりませんから副作用の確率だけ高める場合も…

個人輸入するのは全て自己判断での服用です。

薄毛治療薬は継続する必要がありますから悪影響がある場合気づかず蓄積していくのは怖いです。

ちなみにミノタブ自体が発毛薬として未認可の薬ですのでミノタブのジェネリック薬はありません。

4.ミノタブ入手はクリニックで

出どころの分からない、効き目もわからないミノタブよりも安心なもの。

身体の保険と考えれば、やはりそれはAGAやFAGAのクリニック処方が良いです。

ただし…どこでも良いわけではありません。

  • ミノタブやその他薬の入手先をきちんと説明できること。
  • 比較的安価に継続できること。
  • 治療内容が明確であること。

主にこのあたりを満たすことが大切と思います。

きちんとした大手クリニックであれば入手先はしっかり成分鑑定しています。

おかしな入手方法を取っていれば露見したときのダメージのほうが大きいからです。

また、薄毛治療は髪が生まれ変わるサイクルに関係しますので最低半年ほどの継続が必要です。

そのため植毛治療などは別として、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドの組み合わせで安価なところで。

治療内容を明確に説明できてなるべく上記の攻めと守りの薬の組み合わせで治療継続できるところがよいと思います。

シンプルな治療内容が好ましいということです。

そうしたところはきちんとミノタブの適度な濃度も選択してくれるはずです。

そんなクリニックがあります!

例えば、薄毛治療で有名な「AGAオンラインクリニック」です。

無料カウンセリングからはじまり全てが完全オンライン診療で有名なクリニックですから安心。

やはり大人気のようで月に2,000人のかたが無料カウンセリングを受けています。

※ 2022年7月のオンラインカウンセリング件数

治療プランも費用も明確です。

カウンセリングや診察無料、追加費用いっさいなし。

不明確なクリニックも多い中とても見やすいホームページです。

2022年夏の時点で攻めの薬ミノタブと守りの薬デュタステリドセットで¥9,000税込みはかなりお得です。

これはすごいと思います。

フィナステリドが格安のクリニックは多いですがデュタステリドも安いのは珍しい気がしました。

わたしの通った皮膚科はデュタステリドのみミノタブ無しで¥10,000+診察費でした。

皮膚科なのでミノタブは出ないのです…

 

ちなみにおそらくフィナステリドかなと思いますが予防だけなら月¥3,000からも驚きです。

さらに、初月は効果をおためしのため薬代も無料なんです。

使用感を無料で試せることになりますね!

これはとんでもないメリットしか無い(笑)

無料オンラインカウンセリングの当日予約もOKで24時間相談可能!

ホームページの下段に相談枠がありますが人気のためどんどん予約が埋まっています。

今はこちらがおすすめと思います。

どのクリニックも薬の価格は時期変動もあるようですのでぜひ今の料金をご覧になってみてください。

5.まとめ

今までの薄毛治療が効果がなかった場合にはミノタブの使用は可能性、希望があると思います。

ただし出どころの分からない所からのミノタブ入手はリスクも大きいです。

上手にチャレンジするにはリスクを減らす為やはり安心できるクリニックで治療が良いです。

今では上で紹介したように個人輸入と大きな価格差は無いクリニックもあります。

金額差が少しだけあったとしても保険やリスクヘッジと考えれば差額は安いはずです。

使用前の説明と使用可否の判断もしてくれますから危険な自己判断になりません。

もちろん自分に合った適度な濃度のミノタブが処方されます。

さらに使用中の体調や副作用に関しても相談できます。

副作用を考えるとミノタブは医師の診断とセットで異常を感じた場合すぐに相談できることは必須です。

 

クリニックが重要な理由をもうひとつ。

薄毛の原因を医師がしっかり判断することで、もしかしたらミノタブ以外の薬を用いるほうが良い場合も判明します。

男性もそうですが特に薄毛の原因が多様な女性の場合など。

薄毛の原因含め間違った自己判断での服用は大きなリスクです。

医師の正しい選択が大きなリスクヘッジと回復の近道になるのです。

もしオンラインでの相談が恥ずかしくためらう場合。

ずっと薄毛でいる気持ちを克服するならばおそらく一瞬です。

向こうも優しいプロですから恥ずかしいことはまったくありません。

多くの薄毛のひとも相談していますから。

 

今までの薄毛治療が効果がなかったり薄毛が中度以上に進行している場合。

とても苦しまれている方もいらっしゃると思います。

そのままにしておくか可能性に賭けミノタブ治療チャレンジを開始するかは大きな分かれ道。

治療を真剣に迷われている場合は注意事項を守ればぜひ前向きにお考えになってみてはいかがでしょうか?

最後に男性用と女性用の人気記事を貼ってきますので併せてご覧下さい。

少しでもこの情報がお役に立てばとても嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします