ノコギリヤシの薄毛への効果 リアップ併用や副作用、おすすめの人

薄毛のことを調べていると「ノコギリヤシ」という単語を目にしたことがあるかたも多いと思います。

なんかサプリとかに入っているやつだよね?

正直わたしもそれくらいのイメージしかありませんでした。

薄毛の改善にはならないんじゃないのと・・

でも最近はそれほど馬鹿にも出来ないのではないかと思い始めています。

それは薄毛治療薬と効能が同じ部分があるということからでした。

じゃあノコギリヤシのサプリを飲めば発毛するんだね、いいこと聞いたー。

いえ、簡単にみんなが生えるわけではありません。

ただ効能は面白そうなんです。

調べていくとリアップなどに使われているミノキシジル塗布薬との併用もカギに。

チャレンジするのに向いている人と不向きな人も見えてきました。

一体どういうことでしょうか?

順番に見ていきましょう。

1.ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシはその名の通りヤシ科の植物の一種です。

扇状についた葉がとがっていることからその名が付きました。

もともと北米原産で北アメリカから中南米に自生する2~3メートル以上に達する背の高い植物です。

英語ではソーパルメットと呼ばれます。

その抽出物が前立腺肥大症や頻尿改善に効果的とされヨーロッパの一部の国では前立腺治療薬として認可を受けています。

現在日本では医薬品ではなく食品扱いとなります。

あれ?薄毛治療薬ってもともと前立腺肥大の薬じゃなかったかな?

そうなんです。

日本国内でAGA薄毛治療薬として認可されているプロペシアやザガーロ。

それぞれフィナステリドやデュタステリドという有効成分を含みます。

もともとは前立腺肥大症の治療薬から転じたものです。

ザガーロと同成分のアボルブはまさに前立腺肥大症治療薬そのものです。

これらの薬はAGA薄毛の原因となる5αリダクターゼという酵素の働きを抑制します。

ノコギリヤシは先程お話したようにヨーロッパの一部では5αリダクターゼ抑制の前立腺肥大症治療薬です。

薄毛治療も同じく5αリダクターゼ抑制が狙いとなります。

そうした理由からノコギリヤシもプロペシア等と同様に薄毛への効果が期待され今も研究が続いています。

※画像はイメージです

2.ノコギリヤシの副作用や注意点

でも副作用とか大丈夫かな?

身体にいれるものですからすごく気になりますよね。

日本国内ではノコギリヤシは医薬品ではありませんし副作用についてはないとされてます。

栄養補助食品としてサプリメントから摂取することになるでしょう。

ただし注意点はあります。

記載された1日の摂取量を守りましょう。

320mgが目安となるサプリメントが殆どと思います。

過剰に摂取すると予想外の体調不良を引き起こす可能性があります。

 

その他注意点もあります。

プロペシアやザガーロなどのAGA治療薬を服用中の場合は摂取を控えて下さい

これらの薬も1日あたりの摂取上限が決められています。

ノコギリヤシを併用することによって5αリダクターゼ抑制成分が制限量を超えてしまうと肝臓などへの悪影響が考えられます。

発毛どころではなく逆効果となってしまいます。

女性とか子供はどうなのかな?

妊娠や授乳中の女性やお子さんもノコギリヤシは避けてくださいと書かれているノコギリヤシサプリ製品があります。

ちなみにプロペシアなどのAGA治療薬は女性や子供、妊娠中のかたは特に使用してはいけないことになっています。

AGA治療薬はさわってもいけないとされるほどホルモンに影響します。

ノコギリヤシがそこまでではないとしてもAGA治療薬に似た働きをするのならくれぐれもご注意下さい。

 

最後に血液をサラサラにする薬を服用していたり糖尿病、肝臓などの病気の治療中の場合

摂取すべきではないと思います。

こちらもAGA治療と同じく必ず医師、薬剤師に相談して下さい。

※画像はイメージです

3.おすすめできる人とできない人

日本ではノコギリヤシは栄養補助食品です。

医薬品であるプロペシアやザガーロよりもどうしても有効度は下がると思います。

海外の治験でも発毛したと感じた割合はプロペシアよりは低かったようです。

じゃああまり期待できないのかな…

いえ、栄養補助食品なりの利点もあります。

さきほどお話ししたような注意点を守ればより手軽にチャレンジできることです。

医薬品より副作用の可能性は低いはずですしAGA治療薬よりかなり経済的です。

5αリダクターゼを抑える成分はあるのならチャレンジする価値はあるのではないでしょうか?

 

特におすすめできるのはAGA薄毛の程度が重度以外のかたと思います。

まだまだ毛母細胞が活性化出来る可能性が高いからです。

一般的には若ければ若いほどよいとされます。

薄毛の進行パターンなどの説明も下記記事にあります。

逆に薄毛具合がかなり進行している場合はサプリメントのみでは難しいでしょう。

男性型脱毛症以外の薄毛の場合は効果がないと思います。

4.ノコギリヤシとミノキシジル併用のすすめ

ノコギリヤシの効果をアップさせる方法があります。

それはリアップなどのミノキシジル外用薬を塗布する治療を同時に取り入れることです。

これはプロペシアやザガーロでのクリニック治療でも同様です。

プロペシア等やノコギリヤシは5αリダクターゼを抑制しますが主に脱毛を抑える働きをします。

いっぽうリアップなどのミノキシジル塗布薬は血流をアップさせて発毛を促進します。

脱毛防止効果に発毛効果をプラスしたW効果を期待したいのです。

 

ちなみにリアップは医薬品ですので医薬部外品より効果が見込める代わりに医師や薬剤師に使用確認があります。

より経済的に考えるならばリアップの有効成分であるミノキシジルを同量含むジェネリック塗布薬をおすすめします。

その特徴なども含めジェネリックランキングなども読んでいただいています。

以下はミノキシジル先駆者のリアップです。

5.まとめ

日本国内ではまだまだデータが少ないミノキシジルの薄毛への効能。

しかしヨーロッパの一部では5αリダクターゼを抑制する前立腺肥大症治療の医薬品です。

AGA治療薬も5αリダクターゼ抑制がカギですから仕組みから考えればノコギリヤシも同様です。

ただし医薬品よりは効果は劣ります。

逆に言えば副作用も少なく、より経済的な可能性はあります。

特に薄毛進行が初期から中期のかたは試してみる価値はあると思います。

経済的なミノキシジルジェネリック発毛剤との併用をおすすめします。

ただし必ず上で述べた注意事項を守ってくださいね。

 

ノコギリヤシはサプリメントで摂取することになるでしょう。

選ぶならば安全製を考えて国産のものを選ぶべきと思っています。

いくつか載せておきます。

 

ノコギリヤシ粉末に加え亜鉛とケラチンを加えたものがこちらにも。

最後にノコギリヤシの分量が多いものを!

1袋にノコギリヤシを12,600㎎×ケラチンを7,020㎎を配合。

1日2粒でノコギリヤシ420㎎、ケラチン234㎎摂取。

さらに亜鉛も含んでいますのでこちらがおすすめと思っています。

アマゾンではAmazon’s choiceになっています。

私自身は現在デュタステリドを服用してミノキシジルジェネリック併用中なので今すぐのノコギリヤシ使用は出来ません。

ただしAGA治療薬は継続して使い続けなければなりません。

そこで効果がおちついたころにノコギリヤシとミノキシジルジェネリック塗布薬への併用へ切り替えも視野に入れています。

 

もちろん万人に効く薬はありません。

毛が生えたと感じる個人差もあります。

発毛に関してはすぐには生えませんから中~長期的に考えなければいけません。

ノコギリヤシも最低半年ほど摂取してみるくらいで計画されるべきです。

そして、万が一体調に異変が起きた場合はすぐに摂取を中止し医師に相談してください。

ノコギリヤシとともに髪のカギを握りそうな亜鉛について。

詳細はぜひ下記をごらんください。

進行具合が重度の場合は医薬品での治療を考えてもよいと思います。

その際は信頼できるクリニックを選ぶのが一番の近道と思います。

疑問点はすべて質問して納得されたうえで治療開始されることをおすすめします。

この記事がすこしでもなにかのお役にたったらうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします