寝る前のスマホ見過ぎは薄毛の原因?肥満も?【女性・男性】

いまや多くのひとにとってなくてはならないスマホや仕事で欠かせないパソコン。

家でももちろん、通勤通学中でもついついスマートフォンを見ちゃいますよね。

非常に便利なツールですが使いすぎが身体に与える影響もいろいろと言われています。

そんななか気になったのは・・

「スマホの使いすぎや寝る前の使用が薄毛になるかもよー」というニュースでした。

またしてもきびしいニュースがやってまいりました(T_T)

身体に良いとは思っていませんでしたがまさか薄毛にも関係あるとは・・

さっそく調べて考えてみました。

1.スマホの使いすぎが与える身体への影響

スマートフォンやパソコンの使いすぎが身体に与える代表的な影響を挙げてみました。

症状があるかたは要注意です。

1-1.ドライアイ

長い時間画面を見続けることでまばたきが少なくなりいわゆる「ドライアイ」になります。

ドライアイは涙が出にくくなり目の表面が乾いてしまい傷ついてしまう病気です。

10秒間まばたきせずに目を開いていられない場合は可能性が高いと言われます。

1-2.ストレートネック・肩こり・腱鞘炎

長時間画面を見続ける同じ姿勢は首に負担をかける「ストレートネック」を招きます。

ストレートネックは頭の重みを身体がうまく分散出来ないので肩こりにもなりやすくなってしまいます。

わたしはストレートネック気味で通院したことがありますが腕にも痛みが発生して非常に辛いです。

腕も同じ姿勢となることからひどくなると「腱鞘炎」「頚腕症候群」となります。

1-3.睡眠の質の低下

寝る前など夜遅くまでスマホを見ると寝不足になります。

ブルーライトの刺激が目から入り脳を刺激するので眠りも浅くなるからです。

スマホは画面と目の距離が近いためブルーライトの影響はパソコンより大きいです。

2.スマホの使いすぎと薄毛との関係

ではスマホの使いすぎのどの項目が薄毛に関係するのでしょうか?

わたしは上に挙げた影響はすべて薄毛に関係すると思いました。

首や肩が凝るということは血行不良の状態です。

毛髪を作る頭部の細胞へ発毛のための酸素や栄養素を運ぶのは血流です。

頭部への血流が血行不良ならばスムーズに行き届かなくなります。

新陳代謝が低下する可能性があります。

ストレートネックも同様でここから首や肩こりへの原因ともなります。

肩から首、頭部へと血流はつながっていますからね。

体験からですが症状がひどくなると血行不良に加え首を回す痛みも本当に辛くなります。

そして・・睡眠の質を下げてしまうことが重大な問題です。

睡眠中に身体の修復や発毛などの新陳代謝が行われますが睡眠自体が浅ければ活発に行われません。

夜中にひんぱんに目が覚めてしまったりするのは良くないのです。

先ほどの肩こりなどの血行不良で栄養素が運ばれてこなければなおさらマズイです。

髪も成長ぜず生えず、さらに脱毛していくでしょう。

毛母細胞が働かなくなるなどの毛髪の老化に繋がります。

ホルモンバランスの乱れも起きる可能性があると思います。

 

さらに代謝が下がることでシミやシワが出来たり太りやすい肥満体質になるとも言われています。

痩せホルモンという物質も就寝中に働くと聞いたことがありますから睡眠の質により働かなくなるのでしょう。

スマホの使いすぎには良いことはなく薄毛にもつながる可能性があることが分かってきました。

3.対策

ではどうすればいいのでしょうか?

まずスマホもパソコンも毎日なるべく使いすぎないことです。

完璧ではないですが自宅ではブルーライトカットのPCメガネの使用取り入れもおすすめです。

たまにまばたきも意識してみましょう。

寝る前のスマホは極力ガマンです。薄毛や痛い思いをするよりいいと考えましょう。

そして血行不良の改善をすることです。

簡単に出来ることとしてスマホ使用の最低1時間に1回、10分くらいは休憩したり軽いストレッチをしましょう。

肩や首、腕をゆっくり立って回すのも気持ちいいです。

余裕があれば少しのウォーキングなどの運動も効果的です。

眼球も緊張しているので休憩して上下左右に動かしたり遠くを見る習慣をつけましょう。

わたしは頭部や側頭部、こめかみ付近などを軽くマッサージしています。

ただし強すぎは逆効果と思いますのであくまで軽く短くにしてさい。

 

入浴もおすすめです。

シャワーだけで済ませたくなるのですが全身の血行に良い影響を与えます。

眠る少し前に入浴しておけば睡眠にも良い影響を与えます。

4.まとめ

今回は男性型脱毛症ではありませんが男性だけでなく女性でもなりうるスマホ使いすぎによる薄毛の問題でした。

血行不良がもたらすものと就寝前のスマホによる睡眠の質の低下によるものには注意が必要です。

血行不良は生活習慣にも関連します。

食事や運動、睡眠も見直してみるのも良いと思います。

下記は過去に書いた記事ですがあわせてぜひご覧ください。

タイトルは女性となっていますが、生活習慣の見直しなどは男性にも当てはまるものが多いと思います。

「男性型脱毛症だから男性ホルモン対策以外は関係ないねー」とは行かないようです。

AGA対策の育毛剤を塗っても血行が悪ければ成分が行き届かない可能性もありますからね。

 

女性も男性も薄毛・発毛の悩みはいっしょです。

無理なくできることからすこしづつチャレンジして結果につながるとうれしいですね!

この記事がすこしでもどなたかのお役に立てばうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします