デュタステリド治療体験談 一日おきの服用効果やジェネリックについて 

AGA薄毛への有効な方法として一般化してきたフィナステリドやデュタステリドによる治療方法。

その薬は毎日服用しないと効果が出ないと言われています。

わたしの通院治療歴はデュタステリド服用を始めて数年経ちましたが疑問もわきました。

「1日おきに服用でも大丈夫なんじゃないの?」

そう考えたわたしはついに実行に移してしまいます・・

先日通院したばかりですのでそのときの体験談など含めお話したいと思います。

1.デュタステリド使用の経緯

わたしのAGA治療はフィナステリドのプロペシアからスタートしました。

そして現在はデュタステリドのザガーロへと切り替え外用のミノキシジル塗布薬と併用しています。

通院治療をはじめて感じた効果として「抜け毛が減って毛が太くなりつつある実感」がありました。

フィナステリドによる治療中にデュタステリド使用が国内で承認されたため切り替えをしたのです。

年齢・症状等により感じ方も変わると思いますがフィナステリドも効果を感じましたがデュタステリドはより効果を感じました。

そして現在までデュタステリドを継続して使用しています。

フィナステリドとデュタステリドの違いについてもかんたんに記載しておきます。

・フィナステリド

AGAの原因と考えられている酵素の一部(5α還元酵素Ⅱ型)を抑制し、テストステロンがジヒドロテストステロンへ変化することを阻害します。

・デュタステリド

AGAの原因と考えられている酵素(5α還元酵素Ⅰ型およびⅡ型)を抑制し、テストステロンがジヒドロテストステロンへ変化することを阻害します。

医薬品による治療であるため基本的にはどちらの薬も医師の診察を経てどの薬を用いるか含めて指導・処方されます。

2.デュタステリド服用を一日おきの服用にしたくなった

フィナステリドもデュタステリドも「継続服用しないといけない」ものです。

AGA脱毛の原因物質の発生を抑える薬ですから服用をやめればまたAGAは進行します

しかし・・

それなりの効果を感じるなかで疑問も湧いてきました。

「使用を止めずに1日おきや2日おきにしても現状維持は出来るんじゃないか?」と考えたんです。

数年にわたって服用し完璧とはいかないまでも現状維持したい状態にはなりつつあったからです。

そしてこれ以上毛髪が大幅に増えることはないだろうと考えはじめていたのもありました。

 

わたしの想像はこうでした。

  1. デュタステリドの効能は脱毛防止で発毛ではない。量を減らしても現状維持は可能では?
  2. デュタステリドを減らしミノキシジルの発毛効果を狙いそちら継続併用すればいいかも

さすがにデュタステリドも2日おきは間隔が開きすぎかと思いました。

そこでまず1日おきの服用チャレンジを開始することにしました。

今年の7月くらいからだったでしょうか・・

3.一日おき服用の効果

そして1日おきの服用が始まりました。

毎日シャンプー時の抜け毛の数やブラッシングしたときの鏡のまえで頭髪をチェックしました。

はじめは、ほぼ違いを感じませんでした。

「しめた!」と感じました。

そこで調子に乗ったわたしは・・禁断の2日おきの服用へ踏み出してしまいます・・

7月から8月と過ぎていき元からフサフサでは無いからかもしれませんが特に変化は感じません。

「よしよし(笑)」

ちなみに朝晩のミノキシジル塗布は継続していました。

 

そして9月もなかばすぎくらいだったでしょうか。

とうとう変化が現れました。

「地肌が前より見える」かなと思うようになりました。

「気のせいだよ」と思いたかったのですが・・シャンプー時の抜け毛も明らかに増えました

「これはマズイ」と思ったのですが2日おきを1日おきに変更しただけでした。

まだ懲りてないんですね・・今思えば本当にバカでした。

4.そして病院へ

10月に入り抜け毛も増え、手持ちのデュタステリドが切れてきたのでいつもの病院へ久々に出かけました。

担当の医師にまず言われます。

「お久しぶりですね、薬の在庫は大丈夫ですか?」と。

薬を毎日服用していれば次の来院の時期はいつごろかとおわかりだったのですね。

そして薬の服用を1日おきにしていることも伝え頭皮の状態を見てもらいました。

「毛が細くなっていますね。それと毛穴から生えている本数も減っています。」

やってしまいましたーー(T_T)

やはり用量用法を守らないといけないことを思い知らされました。

  • 血中にデュタステリドの成分が含まれた状態が脱毛防止になる
  • 薬で血中に安定したデュタステリドが含まれていることが重要

そのために毎日服用が必要なのです。

 

また、薬について別の心配もありました。

薬を減らした理由である「現状維持できるかも」という期待以外にいくつかの心配事を相談したのです。

それは・・

体調面の変化

1つ目は「体調」についてでした。

服用してから少し「太りやすくなったような気がした」のです。

男性ホルモンに作用する薬であることから勝手に想像しました。

男性ホルモンは太りにくい身体にも繋がりますから薬で減少しやせにくくなったのかなと。

 

また、ホルモン面で感じたことは体毛面でもあります。

「すね毛が薄くなった」ように感じたのです。

ただし体毛を濃くする可能性があるといわれるミノキシジル塗布薬も同時使用していたためかヒゲは濃いままでした。

両方とも極端な症状ではないので薬との関連は分かりませんでした。

他の病院で行った血液検査でもとくに異常はありませんでした。

現状は身体に異常を感じる副作用はありませんので薬ではなく食べすぎ飲みすぎでしょうか(笑)

医師からは「異常があればすぐに連絡して下さい」と言われました。

経済的問題

2つ目は「経済的問題」です。

デュタステリド治療薬は使い続けないとならないため経済的には安くはありません。

すこしでも薬への使用金額が減ったらと考え服用感覚を空けました。

でもその結果、効果が減ってしまったわけです。

中途半端に薬にお金をかけて効果も減るなら、余計に不経済ですよね・・

いっぽうで医師から良い話も聞けました。

デュタステリドのジェネリックが出る予定です、安くなるので入荷したら切り替えてみますか?

これは朗報です!

東和薬品と沢井製薬が厚労省より製造承認を取得したとのことです。

価格に関してもおそらく¥3,000くらい減るのではないでしょうか?

ザガーロのジェネリック以外にもアボルブのジェネリックも多く出てくるはずでそちらはさらに安くなるのかもしれません。

わたしの病院では入荷は少し先になるとの事で普通のザガーロをすこし処方してもらい治療が終わりました。

5.まとめ

デュタステリドやフィナステリドは毎日継続して服用しないと効果がなくなることが実体験から分かりました。

毛量が多い方はわかりませんがわたしの場合はダメでした・・

用量用法を守ることが大事ですから粉砕や分割服用もNGです。

 

継続は意外と難しいかもしれませんが、継続することでしか効果は得られません。

経済的な問題は「ジェネリック」は選択肢のひとつとなるでしょう。

しばらくはしっかり継続したいと思います。

わたしは以前も薬を中断したこともあり今回は思い知らされましたのでもうしません(T_T)

AGAはやはり継続して治療すべきと思います。

その他ザガーロやプロペシアの服用体験などのまとめ記事がありますので下記からぜひご覧下さい。

いまではAGA専門のクリニックもあります。

「通院しての治療?はずかしいな・」「よく分からないから不安だな」などなど・・

わたしもはじめてのころはなんとなく怖くて相談も出来ずにいました。

しかし覚悟を決めました。

悩んでいる時間はないとそのとき思ったからです。

ところが・・行ってしまえばあっけないものでした(笑)

いまでは、治療せずにAGAが進行するままのほうがよほど不安だったと思っています。

逆に早く始めればよかったと後悔もしました。

 

通院での診断をおすすめするのは毛が生えてきたか薬の効果測定の面もあります

肝臓への影響や副作用を考える面からも自己判断ではなく通院がおすすめです。

両方とも医師に確認してもらったほうがよいと思います。

ご相談されてご納得のうえの治療なさることをぜひおすすめします。

上の画像はわたしの服用しているザガーロの実物です。

今ではさまざまなAGA専門の病院もあります。

オンラインでの無料相談や通院せずに治療可能なところもありますからぜひご相談なさるのをおすすめします

クリニックは千差万別です。

治療の効果はもちろんですが安心感を持てるところが絶対いいです。

特にクリニック選びは「信頼できるところ」が大切と思います。

男性も女性も相談可能なクリニックも増えていますのでざっとご紹介しておきます。

テレビCMでも有名な「銀クリ」です。

店舗が1店舗しかないのにも関わらず既に13年間で約135万人のかたの治療実績が。

多くのクリニックが乱立する中、もし評判が悪ければ廃れるのも早いはずです…

さらに院長先生は日本形成外科学会、日本臨床毛髪学会 、日本再生医療学会 、日本美容外科医師会のすべて正会員です。

こちらも安心できるのではないでしょうか。

さらに特色として

  • 格安料金は初回だけ
  • しつこい勧誘
  • 高額な年間ローン契約
  • 治療方法の説明不足
  • 海外製の出所不明の薬を処方される

こうした患者側の不安要素は行わないとしている点も非常に安心です。

こうした内容も踏まえて最近新たなホームページが出来ました。

ここには他所ではあまり触れられない治療の辞め時についても触れています。

オンライン診療と対面診療についても正直に触れています。

この内容で無料のカウンセリングが用意されています

男女とも相談可能なようですから無料のご相談はアリだと思います。

カウンセリングで納得されてから治療を開始すればよいので敷居は非常に低いです。

こうした面も安心感につながるので非常に評価の高いクリニックと思います。

公式サイト(gincli.jp)

下記はもう少し詳しく触れた記事です。

おなじ悩みを持つひとはたくさんいます。ぜひ一歩を踏み出してみませんか?

育毛活動いっしょにがんばりましょう!

ご覧いただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします