AGA薄毛対策でまず考えたこと【育毛剤】

「最近抜け毛が急に増えた」

「地肌が透けてきたかな」

こうした変化から、わたしもAGAによる薄毛が進行しはじまめした。

「どうしたらいいんだー」と不安でいっぱいになったのを良くおぼえています。

 

「なにか手を打たなきゃ!」

そのとき一番初めに思いついたのは育毛剤や発毛剤と言われるものでした。

多くの人がそうだと思います。

そのためまずはじめに、育毛剤とはどんなものか?そしてわたしの体験ふくめてお話ししたいと思います。

1.育毛剤は薬なの?

当時ドラッグストアに早速育毛剤を探しに行きました。

でもたくさん種類があって何が違うのかまったく分かりませんでした。

そこでまず、効能がどうなのかと同時に育毛剤とはなにかを調べてみました。

薄毛の進行を防いだり、頭皮の環境をより良くするために使用する育毛剤・発毛剤。

それは大きく2つに分類されます。

医薬部外品

スーパー、コンビニやドラッグストアでよく見かけるスプレータイプのものなどが有名でしょうか。

こちらは薄毛進行を予防する目的で作られているようです。

市販の育毛剤は多くがこちらと思います。

医薬品

治療目的の薬品となります。

育毛剤の中にも医薬品に当たるものがあります。

フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどを含むものが有名でしょうか。

医薬品は、薬局で購入可能な「一般医薬品」と医師による処方箋が必要な「医療用医薬品」に分類されます

なお一般医薬品は第1類から第3類の3種類となっています。

育毛剤は医薬品と医薬品でないものの両方があるということになります。

2.育毛剤の効能

現在にいたるまで誰にでも効く薄毛の確実な対処方法は残念ながら確立されていません

ここで取り上げるAGAについても誰にでも効く完璧な育毛剤はないと思います。

では現在たくさん発売されている育毛剤のなかからどのように選ぶのが良いのでしょうか?

育毛剤とは

・血行を良くする

・皮脂の過剰分泌を抑える

・男性ホルモンによる過剰な影響を抑える

・発毛力を高める

・爽快感を与え頭皮を清潔にする

のような効果を狙って有効成分を各メーカーが組み合わせて発売しています。

各メーカーはそ商品それぞれのアピールポイントを打ち出して宣伝しています。

そこで、おもな特徴・ねらい等を調べてみました。

血行を良くするもの

わたしもそうでしたが、頭皮が硬く色も健康な青白いものではなく茶褐色でした。

こうした頭皮に有効な成分はトウガラシチンキセンブリエキスなどが含まれるものです。

治療薬として有名なミノキシジルもそうですね。

皮脂の過剰分泌を抑えるもの

髪の毛に脂分が多くフケが多く出るタイプです。

こうした頭皮に有効な成分はグリチルリチン酸ジカリウムビタミンB6など。

男性ホルモンによる過剰な影響を抑えるもの

こちらはヒゲなどが濃いような方が当てはまります。

AGAの多くの方がそうだと思います。

有効成分はエチニルエストラジオールなど。

わたしも以前にそれを含んだ商品を使ったことがあります。

発毛力を高めるもの

細い毛にエネルギーを与え発毛をうながすタイプ

こうした頭皮に有効な成分はサイトプリンペンタデカンなど。

 

わたしの場合は体質に合わせ優先したい成分のものをなるべく選ぶようにしました。

細い産毛のような毛が多くなってきたので、それが太くなったらと考えたのです。

そこで発毛力アップ成分である「サイトプリン」「ペンタデカン」配合を強くうたう商品(医薬部外品)を当時試しました。

それまではスプレータイプの爽快感の強いものを使っていましたがあまり効果が感じられず・・

すると・・

髪を切りに行ったときに床屋さんから「生え際の髪が生えてきてるね」と言われたんです。

うぶ毛だったのですがとてもうれしくなったことを覚えています!

なぜなら生え際の髪の毛は再生しにくいと言われていたからです。

ちなみに・・

わたしが育毛を考えはじめた当時はAGA治療が一般的でなく内服のAGA治療薬はありませんでした。

3.育毛剤は効くのか?

自分の体質にあった成分を調べて育毛剤を購入することが非常に重要と思います。

用量用法を守って使用し体質にあったものを継続して使うこと。

そのせいか毛のなかった生え際に産毛が出てきたことで「効き目はあった」と思っています。

ただし「効いた」と感じる目安には個人差があります。

生える毛の長さで感じる人もいれば地肌が隠れるかなどで感じる人もいるでしょう。

 

価格についてもいろいろなものがありますね。

一概には言えませんが医薬部外品のほうが医薬品よりも安価な傾向があります。

まず医薬部外品から選ぶ方も多いと思います。

その際は先程お話した育毛剤のねらい別にご自分の症状に合わせたものから始めることをおすすめします。

4.まとめ

大事なことはどんな育毛剤も最低半年ほどは使い続けないと効果はわからないということです。

なぜなら髪が生えるまでのヘアサイクルは時間がかかるからです。

確実なのはAGAは進行性のため、何もしなければどんどん進んでいくということです。

1日でもはやくのご対応をおすすめしたいです。

可能であれば個人的には医薬品の使用の方が効果の実感は早いと思っています。

以下に個人的におすすめする発毛剤・育毛剤について書いた記事もあります。

ぜひあわせてご覧ください。

ミノキシジル発毛剤は医薬品です。

購入時に薬剤師さんから質問があると思いますので身体や効能のためにも必ず相談してみてください。

発毛に向けていっしょにがんばりましょう!

この記事がすこしでも、どなたかのお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします