薄毛を予防・改善する食べ物?コンビニ弁当や嗜好品はNGな食事?影響や注意点

薄毛のことでよく言われる食べ物との関係についてです。

「油分の多い食事は薄毛になるよ」

「ジャンクフードやコンビニの食事ばかりだけど薄毛になるの?」

「嗜好品は薄毛が進行するの?」

「アルコールは薄毛になりやすい?」

などなど・

食べものやアルコールなどの食生活習慣も薄毛や育毛に影響するという声は良く聞きます。

実際のところどうなんでしょうか?

薄毛の根本原因が食事であるとは思いません。

それでも毛髪は身体の一部ですから食事から得られる栄養素はとてもたいせつです。

栄養素から髪が作られるのも事実ですから。

必要な栄養素やNGなもの、コンビニ弁当やお酒などの嗜好品…

考えられる影響を順番に見ていきましょう。

1.薄毛を予防、改善するもの

薄毛を予防や改善するためにはなにを食べたら良いのでしょうか?

毛髪を生み出すのに役立つ成分を摂るべきと思います。

髪にはどんな成分が関係しているの?

髪の毛は皮膚が変化したもので「ケラチン」というタンパク質から作られています。

そのため良質なタンパク質を摂取することは薄毛予防や改善につながると思います。

ケラチンはよく聞く「アミノ酸」から作られるためアミノ酸を含むタンパク質を意識して摂りたいところです。

アミノ酸を含む食品です。

  • 肉類
  • 牛乳
  • 牡蠣(カキ)
  • 大豆
  • じゃがいも
  • ナッツ類

これらは髪に有効とされるシスチンはじめ有効な成分を多く含んでいます。

毛髪は18種類のアミノ酸から作られるので、それぞれバランスよく摂取したいです。

タンパク質自体が不足すると筋肉量が減少して肥満など生活習慣病にも繋がりやすくなります。

過度なダイエットも筋肉まで落としてしまい髪にも身体にも逆効果です。

摂取にあたっての注意点もあります。

タンパク質を含むものには脂肪分やコレステロール値が高い食品もあります。

味付けの濃い加工品などですね。

適量であればよいかと思いますが摂りすぎると別の病気を引き起こす可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。

よく言われる「野菜類」は当然です。

髪と体つくりのためには当然大切なので積極的に摂りましょう。

一つだけ注意なのは「野菜ジュース」です。

意外と糖分が多いものがありますから成分には注意してくださいね。

2.コンビニの食べ物はNG?

脂分や糖分が多く含まれるものには注意して下さい。

これらが頭皮に皮脂を多く出してしまえば髪にはよくありません。

完全に禁止とは言いません。

なぜならそれがストレスになるほどでは逆効果だからです。

暴飲暴食を控えましょう

よく言われるコンビニのお弁当とかはどうなのかな?

こちらも同じと思います。

すべてを悪くNGとする必要はないと思います。

たとえばコンビニでも幕の内弁当のようなものには野菜などいろいろな食材が少しずつ入っていますよね。

なかには単品の食事よりバランスが優れているものもあるでしょう。

カロリー量の表示に注意を払いながら選ぶことです。

脂分や糖質が多そうなものは回数を減らす意識が大切です。

バランス良くほどほどに食べるということを心がけたいと思います。

なお、脂の多い食べ物に関して具体的な注意点や食べ方などのコツも以下にあります。

3.嗜好品は薄毛をまねく?

食事以外にもお酒やコーヒーの影響は気になるなあ
わたしはお菓子が好きなんだけど大丈夫かな?

これらも身の回りにたくさんあるものですから大切なことですよね。

順番に見ていきます。

・薄毛と酒

わたしもお酒は大好きですがやはり適量が重要です。

適量であれば血行を良くしてくれるということは言われています。

ストレス発散にも効果はあります。

しかし飲みすぎるとビタミンを多く消費してしまったり肝臓など内臓に負担をかけます。

就寝時の身体修復時に肝臓でのアルコール分解にエネルギーを消費すれば発毛はどんどん後回しになると思います。

休肝日を設けることも育毛の面からも大切と考えています。

ビールやワインも大好きですが糖質が焼酎などの蒸留酒より多く含まれている物もあります。

先程もお話しした糖質…

糖質の摂取が多くなると育毛に良いことはないでしょう。

糖質は余ると脂となりますから毛穴がつまる気がしてしまうからです。

では糖質が少ないお酒ならよいかというと・・そうではありませんよね。

育毛面から見ても飲み過ぎはダメですね、お酒はほどほどに(笑)

アルコールの分解についてなど詳細は以下に

・薄毛とコーヒー

嗜好品として有名なコーヒーですが最近色々な研究がされています。

身体に良いとかそうではないとかいろいろありますよね。

育毛の面から考えてもやはり適量であればリラックス効果など良い面もあるようです。

脂肪燃焼効果、便通が良くなるなども個人的に感じています。

砂糖を入れずブラックコーヒーがおすすめですが胃に負担をかけないようにミルクを少しいれるのもよいですね。

しかし飲みすぎはコーヒーに含まれるカフェインが神経を興奮状態にして就寝を妨げてしまいます。

眠れないということは育毛面からも良いことはありません。

育毛に必要な亜鉛の吸収も妨げるので分量に注意です。

その他詳しい内容は以下にあります。

・薄毛とたばこ

食事ではありませんが嗜好品つながりであることと影響が大きいので書きます。

喫煙することで血管が収縮してしまい血流が悪くなります。

そしてビタミンCを消耗、さらには発がん率が高まるなど…

育毛面以外でも病気というデメリットが大きすぎます。

喫煙により男性ホルモンさらに悪玉のジヒドロテストステロンを増やしてしまうというハーバード大学の研究結果もあります

やはり控えたほうが良さそうです。

わたしは薄毛に気づいた20代のころまで1日1箱くらいのペースで喫煙していました。

しかしある日「このままだとさらに薄毛が進行するな」と思いたばこをやめました。

薄毛の恐怖を感じたときの禁煙は一発で成功しました…

散々禁煙に失敗してきたのに(笑)

でも、やめたからと言ってすぐに毛が生えたわけではありません。

しかし吸い続けていたらさらに薄毛が進行していた可能性もあります。

薄毛の進行を遅らせることは出来たのかもしれません。

身体の修復エネルギーを消費するため病気にならないことも大きな薄毛対策と思います。

4.まとめ

食事は治療ではありませんからなにかを食べたから控えたからといって育毛にすぐに効果は現れません。

髪に良いと言われるようなものは色々食べましたが食事に育毛の即効性はありませんでした。

しかし薄毛対策や美しい髪のためには通常の健康状態や食生活を送っていることが前提となります。

栄養素が足りなかったり病気をすれば身体は優先的にそちらを修復するので髪の発毛活動に手が回らなくなると思います。

医食同源という考え方がありますから健康は食事からという一面は間違いではないはず。

毎日の食生活の積み重ねが健康を保ち発毛に影響することは大いにあるでしょう。

ただし体に良いといわれるものでもバランスがかたよれば逆効果です。

食べ過ぎに注意して食材をバランスよく食べたいですね。

なお、自己体験からAGAのひとの頭皮は脂分が多い気はします。

毛穴のつまりを防ぐためにも糖分・脂分の多い食事や過剰摂取に気をつけたほうが良さそうです。

固有の食べ物がNGというよりも過剰な脂や糖質の摂取にはじゅうぶんに注意です。

糖分は本当に盲点でした…

AGAやFAGA脱毛に関してはほぼ男性ホルモンが変化して脱毛を促進します。

AGAの原因や治療方法などくわしくは以前に書いた記事もぜひご覧ください。

この記事がすこしでもお役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければフォローおねがいします